クレジットカード現金化の違法性について調査

違法

クレジットカード現金化について調べていると「違法性」という言葉が目に留まります。

 

インターネット上には違法行為を行った現金化業者の逮捕事例や、現金化利用者の悪い口コミを目にする事も多く、サイトによって違法なのか合法なのか様々な情報が溢れています。

 

違法だったらどんなに便利なサービスでも利用したくないのが本音です。

  • 現金化業者に騙されたっていう口コミは本当?
  • そもそもクレジットカード現金化は違法行為なんじゃないの?
  • 違法じゃなかったら逮捕されるわけ無いでしょ!!

これらの疑問を持っている方も多いでしょう。

 

それでは今回は、クレジットカードを持っているだけで誰でも利用できるこの便利なサービスは、本当に違法性がないのか調査しました。

 

 

クレジットカード現金化の仕組み

違法

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換金する方法となります。

 

キャッシング枠はショッピング枠に比べ限度額が低く、すでに限度額に達していることもあると思います。

 

消費者金融などの貸金業ではありませんので審査も無く、クレジットカードさえ持っていれば急な出費にも対応可能な便利なサービスとなっています。

現金化サービスは違法か合法か?

違法

さっそくクレジットカード現金化は違法なのか合法なのか真実の結論から申し上げますと

現時点でクレジットカード現金化は違法ではない!!

現在の法解釈では確実に合法な資金調達方法になります。

 

もしクレジットカード現金化が完全なる違法行為となれば、現金化業者がここまで堂々と営業することは不可能になるでしょう。
現在の法律ではクレジットカード現金化を規制する法律も無く、摘発する根拠もありません。

 

しかし、現金化の方法によっては限りなく違法行為に近いサービスもありますので注意が必要になります。

 

主に現金化には以下の3つの方法があります。

  • 商品買取方式
  • キャッシュバック方式
  • 自分で行う現金化

これらのサービスから違法性のない方法を説明していきます。

商品買取方式は法律違反?

商品買取方式とは換金目的で商品を購入し現金化業者に売却するといった、一見転売をしているだけのように見えますがこれは違法性が高い行為となります。

 

利用者側が換金目的での転売は「詐欺罪」にあたり、カード会社への返済が終わっていない状態で商品を売ってしまうと「横領罪」にあたるといわれています。

 

カード会社への返済が終わるまでは、その商品の所有権はカード会社にあるため勝手に売却してしまうととても危険な行為となるのです。

自分で行う現金化は違法性が高い

クレジットカード現金化は現金化業者を通さずに自分で商品を売買して現金を手にする方法も存在します。
先程お話した商品買取方式と似ていますが、現金化業者を通さないため気軽に利用できる方法となります。

 

しかし、こちらも商品買取方式と同じく「詐欺罪」「横領罪」に問われる恐れがありました。
また何回も繰り返しこの方法でクレジットカード現金化を行っているとクレジットカードの利用停止の危険性もあるため注意が必要になるでしょう。

キャッシュバック方式は合法

キャッシュバック方式とは、現金化業者から商品を購入してその商品に付属しているキャッシュバックの特典を受ける方法です。

 

プレゼント付きの商品を購入し、そのプレゼントが現金という考えになります。

 

これなら商品を売却するわけでもなく、普通にネットショッピングをしているだけでキャッシュバックの特典として現金がプレゼントされる事になる為、合法な現金化方法になるといえるでしょう。

 

クレジットカード現金化をするなら全国どこからでも即日現金化が出来る、違法性のないキャッシュバック方式の現金化を行っている業者がおすすめです。

クレジットカード現金化は違法ではない

違法

最初に述べたように、クレジットカード現金化が現時点で違法ではない理由を説明させていただきました。

 

方法によっては違法性の高いものもありましたが、過去には利用者側が逮捕された事例は無く、詐欺行為を行った悪質な業者が逮捕されるといったケースは存在しました。

 

しかし法律というのは日々改正されているため、もしかしたら今後クレジットカード現金化が違法になる可能性もあります

 

優良業者を利用すればリスクもなく、クレジットカードの利用停止も回避できます。

 

クレジットカード現金化は違法ではないので、安全性の高い優良業者を利用してみてはいかがでしょうか?

 

優良現金化業者のランキングはこちら

最新更新日2017/5/19